京都 下鴨・大徳寺の無農薬米・減農薬米専門のお米屋 はちぼく屋
こだわりのお米を1キロ単位の購入&13通りの無料精米に対応

下鴨本店
11:00~19:00 / 水曜日定休

075-712-8829

〒606-0835 京都市左京区下鴨神殿町20-2 [MAP]
大徳寺店
8:00~23:00 / 年中無休

★早朝・深夜対応の自動精米所

〒603-8221 京都市北区紫野上築山町2-2 [MAP]

ブログ

残念ながら、、【そのお米の選び方】間違っています

2018.03.14

残念ながら・・【そのお米の選び方】

実は、間違っています。。😅

 

お米を買うときの「選び方」。

何を気にして、買っていますか?😳

お米の選び方

 

スーパー・生協などで買う場合は、ほとんどがこの基準らしい。😅

1.自分好みの産地や品種(新潟県産・コシヒカリ など)

2.価格(いくらまでで・・)

3.精米日(新鮮な方がいい)

4.袋の見た感じ(おいしそうな雰囲気?)

↓↓↓

先に4番目。

ハッキリ言うと「袋の見た目」と「お米のおいしさ」は全く関係ありません。

「イメージの良い・・袋」のお米を選ぶのは、全く意味のないことなんです。😫

で、「2.価格」と「3.精米日」に関してはみな一緒。

 

 

結局、【1.自分好みの「産地」「品種」】をメインに、2番の価格、3番の精米日を確認して選ぶ。😆

 

 

新潟県産・・

秋田県産・・

京都府産・・

 

・・「コシヒカリ」

・・「ひとめぼれ」

・・「あきたこまち」

・・「ゆめぴりか」

 

では、よく見かける「産地」「品種」は、それぞれどんな特徴のお米でしょうか?

又、「自分好み」って、、どんなん??

分かる方は居ますか?😅

 

きっと居ないはず・・。😣

 

過去店頭で聞いた範囲ですが、産地・品種の特徴を知っている方は、なんと

「0人」😆

1人も居ない。。

「普通」のお客さんは、誰も知らない。

なので「え?分からへん・・」と思った方、それで普通なので安心してください。😅

 

 

けど「知らない・・のに、それで選ぶ?」😏

 

 

逆にこっちの話の方が、不思議・・な話ですね。。😅

けど、スーパーなどの陳列棚にも「コシヒカリ」や「あきたこまち」と品種ごとに分けて置いてあることがほとんど。

それか価格帯別で。

 

 

結局、売る側も分かってないので、品種や価格帯でしか分けられない。。

これが現実。😓

 

 

じゃ、どうやって選べばええん?

 

答えは「また来週に」。✋

 

 

ps:週一くらいで「お米」に関すること。

ブログ書いていきます。

Access Map

ページの先頭へ