おいしさと鮮度を保つために冷蔵庫・野菜室保存がオススメ

店舗へのアクセス

〒606-0835 京都府京都市左京区下鴨神殿町20-2 エデン下鴨1F
[営業時間] 11:00 〜 19:00 / [定休日] 水

お米・ごはんに関するブログ・記事

お米の保存法【冷蔵庫・野菜室保存】がオススメな理由

2019/07/14

1,お米を買った後【保存】はどうしていますか?

開封後、輪ゴムで結んでその辺に置いていませんか?

これ最悪・・です。(T . T)

レンジ台やシンク下の「ハイザー」とか、
専用の「タッパ」などに移していますか?

こんなんとか、

こんなんとか。。

どっちも、実は良くない・・です。(・・?)

「では、他に何があるのでしょうか?」


実は「どんな容器がいいか?」ではなく、

★【常温】

で置いておくことが良くない・・のです。^^

 

2,お米は精米後、1ヶ月以上「常温」で置いておくと・・・

「なぜ、常温で保存するのが良くないのでしょうか?」

 

理由は「酸化するから」

 

なら、「玄なら大丈夫?」

いえいえ、白でも玄でも基本は一緒です。

 

そうなんです。

したおよりは玄の方が少しはマシですが、

は特に精後、急速に【酸化】します。

 

穀物なので、腐ることはないですが、酸化すると

確実に味が落ちます。

そう、「おがおいしくない・・」状態になります。

そして、「臭く」なります。

 

好きな方にとっては、最悪・・な保存なのです。

言い換えますと、

・【酸化スピードが遅い場所】

に保存するのがオススメ。

 

「そんな場所って、家の中にあるの???」

 

3,オススメは【冷蔵庫・野菜室保存】

ズバリ!

の保存は【冷蔵庫】に。

できれば【野菜室】がベスト

 

なぜなら皆さんの家庭で、おの保存に一番適している

場所が【冷蔵庫の野菜室】だから。

酸化するスピードを「遅く」するために。

 

 

一般的に「酸化する」と、どうなるのでしょうか?

野菜や果物・肉・魚などは「腐り」ますね。

これらの生鮮食品は、どこに置いていますか?

 

「冷蔵庫」ですよね。

も同じこと。

 

実は、私たちおの流通に携わる者は、日常的なお

保存に「低温倉庫」という、「温度14度・湿度75%」で

一定して「冷んやり~」した状態の所に保存します。

 

ワインの熟成倉庫と同じような状態です。

 

これで、玄が「冬眠」している状態にし、湿度管理も

含めておの乾燥が防げます。

キレイにしておけば害虫も寄らず、虫もわかないため、

このような方法で「玄」で保存しています。

 

酸化スピードが遅く、新収穫後、1年経ってもさほど

劣化しない状態が保てるのです。

 

ですが、家庭用冷蔵庫では、「乾燥」してしまうのは

にとっても良くないことですが、冷蔵庫で【湿気】

調整までできるものってなかなか無いですよね。^^;

 

その点は仕方ないです。。(T . T)

できるだけ長期間保存しないようにするしかありません。

できれば、2~3週間で食べきれる量を買うのが一番です。

 

冷蔵庫の中には「生鮮食品類」が中心になると思うので、

肉・魚・野菜・果物など全て「乾燥」は良くないですね。

メーカーさん、冷蔵庫にも「湿度調整」できるものを

つくってください。^^;

(すでにあるのでしょうか???よく知りませんが。。)

4,こんな方法もオススメ

けど、夏場は特に腐りやすいから「野菜室はいっぱいで」

という話を店頭ではよく聞きます。

 

大体、皆さんも一緒ですよね。

きっと。^^;

 

そこで、こんな方法もあります。

 

★【ペットボトル容器の再利用】

これなら密封もできて乾燥も防げるし、野菜室

がいっぱいでも、冷蔵庫のドアポケットとか、

隅っこにも詰めて置けます。

隙間を埋めるのにも、カンタンにできます。^^

日常的に、ペットボトルは多くの家庭で使用すると

思いますので、洗浄後、乾燥させて再利用できます。

 

ですが、ニオイの残る飲み物・・はやめた方がいい

です。アイスコーヒーとか、ミックスジュースや

トマトジュースなど・・は、結構ニオイも残ります。

 

は、周辺のニオイも吸収しやすいので、水とか

できるだけ無臭のものがオススメです。

 

なお、おを移す際には「じょうご」があると便利

です。

ペットボトルも「口」の大きい方が楽チンです。

袋の端っこを持って、ペットボトルに移す・・の

って、ほぼ粒をこぼしてしまいます。^^;

 

紙を「三角すい」の状態に巻いて、じょうご代わり

にもできます。

できるだけ、粒を「こぼさないよう」ご注意を。^^;

 

5,まとめ

を買った後の【保存】は、【冷蔵庫・野菜室】

が一番オススメです。^^

 

は精後、急速に「酸化」し始め、常温で1ヶ月

以上置いておくと、確実に味が落ちるから。

 

特に夏場は「高温」になるため、常温保存は短期間

でもおいしくない・・おになります。

 

野菜室が満タン・・なら、ペットボトルにお

移し替え、冷蔵庫の隅っこや隙間を埋めるように

突っ込む・・ことをオススメします。^^;

 

 

余談になりますが、普段5キロ買う方は、3キロ・・

とか、特に夏場は少なめに度々買われることを

オススメします。

 

夏場のおの消費量は、平均的に減ります。

暑い時期は「そうめん」とか恋しくなりますしね。^^;

 

炊きたてのモチモチのごはん・・って、結構暑苦し

くて、自然と消費量も減る傾向にあります。

 

少量でもおいしいおが買えるお店。

あなたの近くにあるといいですね。

ちょっと気にして探してみてください。^^

 


なお、はちぼく屋では、6キロ以上のご注文は、

★「簡易真空包装」

でお届けしています。

約2ヶ月間は精したての状態が保てます。

 

遠方の方は、2ヶ月間分のまとめ買いで、送料も抑えられ

ますので、「お得なご注文方法」という感覚でご利用

されています。

 

例:2ヶ月間分で計8キロの場合、

 →2キロ×1袋はすぐに開封するので普通包装に

 →2キロ×簡易真空包装で残り3袋に小分け

 

の場合、小分け袋・真空包装代1袋30円×3袋で、わずか

90円だけのプラスで安心な簡易真空包装でお届けできます。

2ヶ月以内に開封すれば、精したての新鮮な状態の

で炊飯できます。

(真空包装なので、冷暗所保存でも大丈夫です。)

 

簡易真空包装ならほぼ酸化しませんので、味が落ちる

心配もなく虫もつかず、清潔で風味が保てます。

 

暑い時期には、多くの方がご利用いただいています。

まとめ買いで送料を抑え、簡易真空包装で新まで

の期間分のまとめ買いができます。

(店頭でご利用の場合は、2時間以上前にご注文を。

大徳寺店では承ることはできません。)

 

初めての方は、「お試し2キロ(12合)」からどうぞ。

こちらも簡易真空包装でお届けしています。

===============================
【初回お試し2kg(12合)・全国送料100円】
===============================

わずか【0,2%】しかない有機JAS認証
や無農薬・それらに近い減農薬まで。

「食べてみたい!」精やおが、2種類
お試しいただけます。

【お代+送料100円】で試してみる♪
詳しくはこちら>>>
========================