無洗米を扱わない理由

店舗へのアクセス

〒606-0835 京都府京都市左京区下鴨神殿町20-2 エデン下鴨1F
[営業時間] 11:00 〜 19:00 / [定休日] 水

お米・ごはんに関するブログ・記事

無洗米を扱わない理由

2019/05/12

1,そもそも「無洗米」ってどんなお米?

「無洗ありますか?」

「無洗を食べてますが、おいしくなくて・・。」

 

こんな風に、時々聞かれるお客様がおられます。

はちぼく屋では、残念ですが、無洗「加工」は

行なっておりません。

 

つまり、、

無洗とは、おを精した後、無洗「加工」を行った

を「無洗」と言います。

なので、コシヒカリとかあきたこまち、のような「品種」

とは関係ないおなのです。

 

 

2,無洗米はなぜ美味しくないのか?

通常、「無洗」と表示されて販売されるおは、ただ

「無洗」としか書かれていないおが多く、どこの産地

でどの品種のおか?までは分かりません。

 

実は、多くの無洗は、小さく「複数原料」と表示された

ブレンドが多いので、「○○県産コシヒカリ」など産地・

品種表示ができないのです。

 

では、なぜ複数原料(ブレンド)が多いのか???

 

答えは「安い原料(お)を使い、高く販売するため」。

ちょっと・・業者の腹黒い考えが垣間見れます・・暴露

 

通常は精したおを袋詰め→販売しますが、無洗

無洗加工の「1工程」をプラスした流れになります。

当然ながら、手間とコストと時間がかかります。

機械の減価償却も含め、業者はその分の利益が必要です。

 

そこで、通常の白よりも、僅かに高く販売されています

が、無洗が「もっと高いお」になると売れません。

 

なので、原料となる「お」の品質を下げ、「無洗」と

だけ表示した袋で販売します。

 

つまり、コストのかかる無洗は、安い原価のお

使用・加工し、通常のおよりわずかに高く販売する

ことで利益を確保している、というおなのです。

 

でも、全くお客様が損をしているか?と言うとそうでも

なく、「研ぐ(とぐ)」手間が不要なことがお客様の

メリットですね。

 

その手間を省くため「無洗」を選んでいるはずです。

実際には、軽く研ぐ方が多いにも関わらず・・です。

で、「無洗はおいしくない・・」と。^^;

 

あなたは、どちらを選びますか?

という「選択肢」で捉えるのが良いと思います。

 

無洗は、

・おいしくない、けど

・研がなくて済む

 

したおは、

・おいしい、けど、

・軽く研ぐ必要がある

 

 

 

どちらを選ぶかは、あなた次第。

 

そんなこんなで、「無洗」でおいしいおは、通常

ありません。

 

 

3,無洗米はそもそも「研ぐ(とぐ)」必要がない

無洗加工は、精したおの表面に残る、わずかの

ぬかを、「ブラシ」でこすってキレイにする、

というイメージの加工です。

なので、お水を入れても白く濁りません。

 

ですが、今の精機は性能が良く、無洗加工をしなくても

白く濁るほどのぬかは残りません。

なので、軽く研ぐ程度で済みます。

 

カンタンに説明しますと、テニスボールを握るような

手つきで、軽く10~15回ほどかき混ぜます。

その後、お水を1~2回替えれば終了。

ほぼ1~2分ほどの手間。 (動画はこちら)

 

そのわずかの手間を惜しむほど、時間がありませんか?

そのために、美味しくないおを使った高い無洗

購入しますか?

 

を研いだり炊いたり、おかずを用意するのは、本来

「幸せな食卓」を用意するための準備。

手間が少しで済むのは助かるとは思いますが、 無洗

普通精のおと比べ、ほんのわずかの手間の違い。

おいしさを犠牲にしてまで惜しむほどの手間ではない・・

と思います。

あくまでも私見ですが。^^;

 

もう一つ言うと、おのとぎ汁が、環境汚染になるという話。

これは、無理やり作った話のように思えます。

 

の「とぎ汁」とは、いわゆるぬかの溶け出した成分を

含む白く濁った水。

ビタミン・ミネラル分たっぷりの栄養豊富な水。

このまま畑にまくと、良い肥料にもなります。

 

お風呂に入れると肌はスベスベになります。

ぬか成分の保湿効果は明らかで、よく化粧品にも使われて

いますね。

 

研ぎ方もキチンと理解すれば、大量の水は必要ありません。

 

いずれにしても、個人的には無洗を購入する理由が見つかり

ませんね。。^^;

 

4,十分な性能の機械がない

はちぼく屋では、無洗は扱っておりません。

 

当店のおいしい・安心なおなら、無洗加工を しても、

間違いなくおいしいです。

ですが、無洗加工をする「機械」に関しては、 うちの

ような小売店舗に置けるほどの大きさで、 なおかつ、性能面

でも満足できる機械は未だありません。

 

子供だまし・・のような無洗機はありますが、 性能が良く

ないので、はちぼく屋では導入して おりません。

 

少しの手間でもなくせるのであれば、基本検討 の余地あり

なのですが、おいしい・安心なお を扱っていますので、

それに見合った性能は必要なので、現状では導入予定は

ありません。

 

無洗を選ぶかどうか?

どちらかを選択して いただくしかありませんがご理解願います。

 

 

 

5,まとめ

おいしくない・研ぐ手間が省ける>おいしい・ 研ぐ手間はかかる

の方は「無洗」を。

 

おいしくない・研ぐ手間が省ける<おいしい・ 研ぐ手間はかかる

の方は「精のみのお」を。

 

オススメは、要約するとこういうことになりますね。

どちらを選ぶかは、あなた次第。

 

「無洗は必要ない」と思える方は、ぜひ以下の

【お試し2キロ(12合)・全国送料100円】

をお試しください。

 

軽く研ぐ必要はありますが、抜群においしい・安心なおです。

きっと、おに関して、全く違った世界に行けると思います。

 

========================

【初回お試し2kg・全国送料100円】

========================

「食べてみたい!」精やおが、 2種類お試しいただけます。

【お代+送料100円】で試してみる♪

詳しくはこちら

========================