【早炊き】と【普通炊き】は、「炊き方」や「炊き上がり」にどんな違いがあるのでしょうか?

店舗へのアクセス

〒606-0835 京都府京都市左京区下鴨神殿町20-2 エデン下鴨1F
[営業時間] 11:00 〜 19:00 / [定休日] 水

お米・ごはんに関するブログ・記事

【早炊き】でも、ごはんが美味しく炊ける方法

2019/08/03

炊飯器の「早炊き」機能、便利ですね。

特に時間のないとき。

助かります。^^;

 

ですが、どのメーカーも「普通炊きは50分前後」ほどかかるのに、「早炊きって20~30分」ほどで炊き上がります。

【ほぼ半分の時間】で。

 

「なぜ半分の時間で炊けるのでしょうか?」

もしかして・・

 

1,約半分の時間で炊ける「早炊き」は、どうやって炊いているの?

「早炊き」は「普通炊き」の「約半分の時間」で炊飯します。

ということは、炊き上がりのごはんで「何かが違うのでしょうか?」

 

・・もし同じとしたら、そもそも「普通炊き」って要らないですね。^^;

 

じゃ、一体何が違うのでしょうか?

もしかしすると・・早炊きで炊飯すると、

 

★何かを「犠牲」にしているのでしょうか?

 

 

答え。

 

★そのお米の持つ、本来の「甘み」と「食感」を犠牲にしています(T . T)

 

残念ながら、早炊きでは甘みが十分に引き出せず、本来より「固め」の食感になるのです。

 

「えーーーー!そうなん?」(*_*;)

と驚いた方、今日からやめるか、以下の内容で「できる範囲」の工夫をしてみてください。

 

2,なぜ、お米の「甘み」や「食感」が そこなわれるのでしょうか?

お米を炊いていると、途中で「シュー」っと「湯気 (ゆげ) steam」が出ますね。

あれは炊飯器内では「沸騰」しているので、その蒸気を外に出しているのです。

 

つまり、早炊き機能は「つけ置き~沸点」に達する時間を短縮した炊飯方法なので、「はじめチョロチョロ・・」ゆっくり炊くのではなく、初めから「急速」に炊飯しているのです。

それでは、そのお米の持つ「甘み」は十分に引き出せません。

 

また、沸騰した後は98度で炊きますが、その後の「蒸らし」の時間も短縮しています。

十分な「蒸らし」もしないと、本来の「食感」にならず、少し固めのごはんになります。

 

なので、結果的にお米の「甘み」と「食感」が、違うお米のように感じられます。

 

ま、理屈ではなく、実際に試してみるとよく分かると思います。

「ホンマや!ちょっと固め・・、ん?確かに甘みも・・」と気づくことでしょう。

意識して食べてみると、結構分かるもんです。

 

もし「甘みも食感も変わらない・・」と感じるなら、「お米そのもの」が元々そのレベルのお米だったかも知れません。。-_-;

 

3,「早炊き」は「少し水加減を多め」に

炊飯器メーカーは「おいしいごはん」が炊き上がる研究を続けています。

なので、「普通」に炊飯するのが、「その炊飯器」で一番おいしく炊き上がる設定なのです。

 

それを「約半分の時間」で炊き上げる「早炊き」は、それ自体に無理があります。^^;

なので、早炊きでごはんの持つ本来の「甘み」や「食感」を犠牲にしていることは理解しておきましょう。

 

けど・・少しでも「おいしく」早炊きする方法があります。

 

・「冷水」か「氷」を入れて炊く

加えて、

・水の量を「1割ほど」増やす

 

カンタンに、少しでも「おいしく」炊き上げるポイントです。

「1割増し」・・の水加減って少し難しいですが、1合につき「小さじ1杯」ほどの量です。

2合炊く場合は、「大さじ1杯」でも同じ量です。

 

できれば、十分「つけ置き」すればいいのですが、その時間がないので「早炊き」ですね。^^;

もし、なんとなく「早炊き」・・の方は、~2時間以内で可能な限り「冷水でつけ置き」してみてください。

 

これで、「食感」は本来の食感に近づきますが、「甘み」の部分はどうしようもありません。

「甘み」を補うには、「オリーブオイル」か「ハチミツ」などを、「2合につき 小さじ1杯」入れることで、「わずかな違い」が、おいしいと感じる方も多いようです。

(個人的には、あまり好みではないので、どちらもオススメはしませんが。^^;)

 

4,できれば・・お米を洗ってザルに入れて冷蔵庫に

なかなか「あ~ザルにね・・」という感じだとは思いますが、食感・甘みとも本来のお米に近い特徴で炊き上がります。

急速に沸点に達する「早炊き」では、どうしても多少固めに炊き上がるのは仕方ありませんが、お米が十分吸水した状態なので、だいぶマシです。

 

「いつ研ぐ(とぐ)か?」

の話なので、直前か事前にするか・・だけの違い。

 

晩ごはんに必要なお米なら、朝に研いでザルに入れて冷蔵庫に。

朝の1~2分ですね。^^;

できれば・・そうしていただきたい方法の一つです。

 

5,まとめ

「早炊き」は便利な機能ですが、「おいしさ」特にごはんの「甘み」と「食感」を犠牲にしています。

なので、できるだけ「つけ置き」はしていただいた方が、おいしいごはんが炊けます。

 

でも「仕方ないか・・時間がない!」

という時には、その前提で「できる範囲の工夫」を。

 

カンタンな方法はこれ。

・1合につき「氷」を1~2個入れて炊飯する

(→詳しくは「こちらの記事」で)

加えて、

・1割り増しの水加減で

 

この2点をするだけで、本来の食感に近づけます。

 

もう少しマシな方法としては、事前に

「お米を洗ってザル+ボウル bowl で冷蔵庫に」

 

カンタン過ぎるので、思い出したらぜひやってみてください。^^

 

なお「早炊き」はオススメしませんが、最高峰のお米なら、どんな炊き方でも「甘み」は確実に感じられます。

できれば「普通炊き」で、極上のごはんをお楽しみください。^^

===============================
【初回お試し2kg(12合)・全国送料100円】
===============================

わずか【0,2%】しかない有機JAS認証米
や無農薬米・それらに近い減農薬米まで。

「食べてみたい!」精米やお米が、2種類
お試しいただけます。

【お米代+送料100円】で試してみる♪
詳しくはこちら>>>
========================